星占い以前の話9 預言者

今日の星占い乙女座と魚座

預言者の話をする場合に気をつけないといけないのは、「予言者」と「預言者」は読み方は同じですが意味が違う事です。辞書にも書いていますが「予言」は未来を見通す事で「預言」は神様の意志を預って人々に伝える事です。聖書に出てくるのは預言者です。どこそこの地震や台風を前もって言い当てたと言うのは予言者です。ここでは預言者の話です。

預言者とは日本で言う巫女の事ですが、巫女は女人限定なので預言者という事にします。この預言者はなぜこの世に存在するのかというと、これも政治のためです元々は。つまり政治家だったのです預言者は。預言者を中心に武力に優れた人々、知恵に優れた人々が集まり政府が出来上がります。そこから文明国が始まるのですが、国が発展していくと予言者は排除されてしまいます。武人と文人だけで政治が行われるようになります。預言者はどうなるのかと言うと、実は表向きは排除されているだけで実際は排除されていないのです。国家の意志を担うと言う重圧に耐えられる武人文人はいません。だから非公式に預言者に相談するわけです。では預言者が国家の意志を担っているのかと言うと、預言者にそのつもりはないはずです。預言者はあくまで神様の意志を人に伝えているだけなのです。国家運営と言うのは意外と無責任なものなのです。責任は全て神様に押し付けてしまえと言うわけです。

※お知らせ 「なぜ生命はオカルトだと言えるのか?」「スマホ用自費出版の具体例」に追加しました。無料です。スマホ用自費出版の目安になればと思います。

スマホ本ラブコメ小説無料ダウンロードページ
自費出版 格安 費用
ホームへ戻る