賭け

それくらいかな。プラトンの作品以外で記憶に残ってる作品は。

 

それが記憶に残ってる理由は、「賭け」は中学校の授業であって、どう見ても文芸とは縁がないような悪ガキまでも、授業に聞き入ったからだ。おもしろいって。

 

チェーホフがプラトンに匹敵する文豪とは思わないが、でもそれは大したもんだと思う。