誤植

文芸書のような長い文章で誤植をなくすのは難しい。プライベートで本を作る場合はなおさらだ。

 

普通、校正は文字をタイプした人は行わない。同じところを間違う危険性が高いから。

だから出版社とかでは別の人が読むが、プライベートで本を出す人は自分で校正するしかない。

 

しかし、自分で校正する場合は、一発で決まる事は「絶対にない」と言ってもいいくらいだと思う。

 

パソコンとかスマホで何度も確認して、「絶対大丈夫」と思っても、それがPDFになり、縦組みになり、書体も文字組みも美しくなり、それを改めて読んでみると、意外と多くの誤植に気付くと思う。

 

「書を校するは塵を掃うが如し」

この格言は本当で、だからあまりに細かいところまでこだわってしまうとキリがなくなってしまう。

 

或る程度は諦めも必要か。