星占い

星占いの歴史は四千年くらいあるらしい。

それに、四千年前の星の位置と今の星の位置って違うそうなのね。全体的にズレてるそうです。

 

その伝統的な占星術に習うと、13星座なんかないんだって。新しい星座が見つかっても関係ないんだって。

理由は、星占いで言う星座は空にある星座の事を言ってるんじゃないらしいのね。

 

星占いの12星座は太陽が通る道を12等分して、それに付けた名前なんだって。1座、2座でもA座、B座でも良かったみたいなのね。それだとつまらないから星座の名前にしたんだろうか?どうなんだろうか?

占いは当たるのかというと、俺の経験ではそうではないな。自分では思いつかない発想をインスパイアされるという事はあるのだが。

 

そのインスパイアが役に立つかどうかは、俺の場合は、まぁまぁ役に立ってるかも。

でもそれでこの有様というのは、やれやれだな。

 


昨日は台風だったのだな。夜はわりと涼しかった。

台風の時、ハトとかスズメはどこに避難してるんだろう?一ヶ所にみんな集まってるのだろうか?

台風の中を飛ぶ強い意志の鳥もいるのだろうか?

ホームへ戻る ブログトップへ戻る