四天王寺の猫

霊能者といえば、作ったな、本。

凄い原稿だった。内容よりも紙の状態が。悪く言えばメチャクチャな状態。良くいえば不思議な原稿。霊能者らしいオリジナリティ溢れる原稿ではあったんだけど。

いろいろ本は作ったけど、本を作る人って個性の強い人が多いのね。

 

霊能系の本で一番有名なのは聖書だと思うけど、今はネットで聖書を配布できるからいいけど、あれ昔はタダであげてたらしいのね。驚きですよ。

だって聖書って、どー考えたって高いですよ。制作費が。印刷と製本だけでも。

あれをタダで配るって、打算でやってたらとてもできないと思う。

 


これ四天王寺の猫だけど、五匹くらいいたけど、どうもこの猫たちは、安心しきってるところを見ると、四天王寺は猫には寛大なのかも。そういえば「猫」って書いてた石柱があったような?

たぶんここの猫、かなり幸せだと思う。そんなふうに見えました。

 ホームへ戻る ブログトップへ戻る