霊の季節

今回から写真をクリックすると大きくなるようになったのね。

パソコンならドーンと大きく、スマホなら写真がとても鮮明になるでござる。

最初からこうやりたかったんだけど、レイアウトが上手くやれなかったのである。ジムドフリーの限界か?それとも俺がジムドフリーを理解しきれていないのか?

そんな事より霊の話を。

 

霊は見たこと…いや、あれも見た事になるのか?

もしあれが霊だったら、「缶コーヒー型」の霊もいると言うことになる。

あれは夕方、晴れた日、人通りどころか車通りも多い道で、俺の30メートルくらい前に、ジョージアのエメラルドマウンテン(https://secure.georgia.jp/product/emerald.html)を思わせる光が浮かんでた。お好み焼き屋の前で。

「それウソだろう?」と思われてもしかたがないが(だから人に言わなかったのだが)ホントの話なのね。

最初は、お好み焼き屋の二階から、釣ざおで誰かがエメラルドマウンテンをつるしてると思った。

でも考えてみたら、そんな事をする人がいるとは思えなかった。

1メートルくらいまで近づくと、とても綺麗な光の塊だったのね。青、白、緑とかの。LEDの光が集まったみたいに。

 


その時は自転車に乗ってたのだが、その光がスーっと近づいてきたから、ぶつかると思ってブレーキをかけたら、ブレーキの「キッ」って音と同時にスパッと、残像も残さず消えたのね。

そこに本当に光があったんなら、それをじっと見てた俺の目には残像が残るはずなのに、それが全くなかったから、幻覚なんだろうけど、幻覚としても、缶コーヒー型の幻覚って、珍しいと思いません?

ホームへ戻る ブログトップへ戻る

しかし今日コレなんてえ暑さだ。暑いじゃなく熱い。